BLOG

2015年06月22日

景色について、花をいける人間が考えたこと

ヴェニス来てから、私はカメラを手放せなくなりました。古い建物も、まちじゅうに流れる運河も、緑色の海も潮の香りも、すべてが美しくて、忘れてしまうことが悲しく思えました。 まちの間を縫うように流れる、緑色の水が大好きでした。…



2016年07月10日

どうして私たちは、花をいけなければいけないの?

1年に1回ぐらいしか夢を見ないのだけど、昨日の夜久しぶりに夢を見た。 夢の中で長刀鉾町のおじさんとしゃべっていて(はじめて見るおじさんだったのだけれど、 なぜだか私はその人が長刀鉾町の人だと知っていた。何しろ夢だから) …



2016年05月27日

伝統と革新

先斗町まちづくり協議会主催で、月に一度まち歩きをしてみることになりました。 通りから電柱と電線をなくす「無電柱化」工事を控えた先斗町。一足先に無電柱化され、良い感じになっている高台寺周辺、二年坂・産寧坂をみんなで歩いてき…



2016年03月19日

春分

明日は二十四節季の四番目、「春分」です。 23度傾いた地球が太陽の周りを回る道筋は、一年に二度、太陽の垂直線上にやってきます。 一つを春分、もう一つを秋分と言い、この日、昼の長さと夜の長さはちょうど半分になります。 この…



2015年12月07日

大雪

12月7日です。冬が深まり二十四節季では、「大雪」と呼ばれる時期です。 雪が降りしきる頃。朝池に張る氷、遠くの山に積もる雪。 今年の京都ではまだ見つけられませんが、それは、「景色が冬に変わる頃」と言い換えられるのかもしれ…