歩く姿はゆりの花


歩く姿はゆりの花

”京・まちなかを歩く日2014”にて展示; 2014年11月15-16日 京都、姉小路柳馬場下ル
主催;歩いて暮らせるまちづくり推進会議
Flower;ゆり、菊、ダリア 他


姉小路通りは、平安京の時代から続く、歴史と品格のある通りです。
現在も住民の方の手によってその景観が守られ、車を止めての地域のイベントや行灯会などが行われています。
そんな姉小路通りに、「歩いて暮らせるまちづくり推進会議」さんのご協力でお花をいけさせていただきました。
「まちなかを歩く日」に展示ということもあり、メインのお花はゆり、タイトルは「歩く姿はゆりの花」です。
この言葉はゆりの、華奢な足に豪華な花が、風に吹かれて揺れる姿から生まれたそうです。
最近ではゆりも花首だけにして使うことがよくありますが、
「まちなかを歩く日」では、ゆりの花本来の魅力、
「女性が美しく歩いている」ような、すらりと長く伸びる茎を、
美しい大輪の花が風に揺れる姿を、楽しんでいただければと思い、いけさせていただきました。