story of cosmos

 

prologue

prologue2

cosmos

cosmos1

cosmos3

autumncherry

autumncherry1

autumncherry2

autumncherry3

kyokasuigetsu

kyokasuigetsu2

epilogue2

 

カオスという名のギャラリーは、長い時間の染みついたがらくたたちが、

一つの完成した空間を作り上げている、不思議な場所です。

捨ててしまっても誰も困らないそのがらくたに、こびり付いた埃と冷たさ。

手にすると、言いようのない重みを感じました。このがらくたがまだ

「がらくた」になる前に、手にして使っていた人たちは、

多分この世にもういない。決して戻ることのない「時間」に、

触れてしまった気がして恐ろしくなりました。

 

カオスに横たわったがらくたは、ただそこに「在る」ことによって、

私たちに時間の存在を突きつけます。そして花は、

枯れて消えていくことによって、私たちに時間の儚さを教えます。

カオスの間に一輪の花をいけたとき、壊れた時計の針の、

動き出す音が聞こえました。止まっていたカオスの時間が、

動き出したように感じたのです。こんながらくたの中に花をいけるなんてと、

ご批判もたくさんいただいた展覧会でした。もっともなご意見だと

思います。でも、こんなに花の似合う場所は他にないのではないかと、

その時感じてしまったのです。