BLOG

2019年04月12日

“言語論的転回”的 花と恋

「言語論的転回」という言葉を、今でもときどき思い出す。 高卒で花屋で働いている、あるいは芸大出身かとときどき聞かれるのだけれど、私は2010年に大阪の関西大学の社会学部を卒業した。そこでゼミの担当教員が、大部屋の授業でし…



2019年04月08日

美しさと喪失感

高瀬川のそばに建つ立誠図書館の二階会議室からは、満開の桜が見下ろせる。からりと晴れた日で、桜は満開の最高潮だった。良く晴れた、風の強い日だった。窓の向こうで、強い風がざあっと桜の房を撫でて行った。青空と高瀬川の間を、桜の…



2019年01月23日

京都木屋町花いけ部>1月“早春の黄色いお花”の回アップ

歩道と車道の間あたりに立っている棒、「ボラード」というそうです。 「客引き禁止」とか「路上喫煙禁止」とかいろいろ書いたプレートが貼り付けてあるのですが、夜になるとキャバクラの客引きの方が、腰かけてタバコを吸われてしまって…



2019年01月12日

高瀬川花道部>“水仙”の回アップ

今回の高瀬川花道部は、早春のお花・水仙を投入れと生花(せいか)に。 水仙は、決まりが多く初心者の方には複雑な生花の中でも、さらに複雑な花材。一度ばらばらにした葉をきれいに組み直していける。生花の型は決まっているのに、葉は…



2019年01月10日

土間

幸か不幸か、築100年ほどの町家を、アトリエ兼ショップとしてお借りしております。2度目の冬。「土間寒いでしょう?」とよく聞かれますが、寒いです。 現代の建物にいるとあまり意識しませんが、一日は太陽が出ているうちは暖かく、…