生花 水仙

 

 

生花 SEIKA 2014年1月 Flower; 水仙

 

毎年、冬に咲く花に、特別な何かを感じます。

静かに寒さをやり過ごしながら、北風に吹かれる冷え切った葉と小さな花芽。

冬という季節しか知らない花たちには、不純なものが、

何にも含まれていないという気がします。

空がどこまでも高く、空気が澄み切った世界しか。

それは、丁寧に丁寧に作られた、薄いガラス細工のよう。

握りつぶすことはできないのに、簡単に粉々にできてしまう。

寒さに耐える強さと、しかし一瞬で壊してしまえる繊細さ。

たくましく、純度が高く繊細な、冬という季節に咲く花たち。

特別な何かは、自分もこうありたいと願う「憧れ」なのかもしれません。