プロフィール

 

 

 

 

 

 

▶「花を、言葉とともに」

 

西村良子 Ryoko Nishimura

1988年 京都市生まれ。

社会学部在学中、いけ花に出会う。
日本ならではの四季に基づいた美しさに魅了されるも、
現代の生け花が日々の暮らしの空間から離れてしまっていることに違和感を持つ。

誰でも気軽にいけ花を楽しめるようにという想いから屋外での花展を思いつき、
2014年「高瀬川装花展 想い葉」を開催。
川の中に直接花をいけるという大胆な手法を用い、浅くて澄んだ流れをいかした花いけが反響を呼んだ。
その後もまちの人や京都市の協力を得ながら、通りや川といったまちの中に花をいける”ストリート花展”構想を展開中。
2015年には花の国・オランダの、アムステルダム国立博物館前のHobbemakade通りにて、
運河花展「United flowers Amsterdam」を開催。帰国後は自らが花をいけるだけではなく、「誰でも気軽に実際に」花をさわれるイベントを提案。参加者が自由にいけた花を、高瀬川の中に並べその景色を発信する新しい、花とまちの楽しみ方「京都木屋町花いけ部」(2016年~)を開始。各メディアに取り上げられた。

▶MEDIA

 

西村花店 主宰
高瀬川会議 代表
華道嵯峨御流 正教授
平成27・28年度 京都市建設局都市緑化委員会委員
平成29・30年度中京区基本計画推進会議委員
先斗町まちづくり協議会事務局 まちづくりアドヴァイザー

Facebook instagrum

2010年 関西大学社会学部卒業
卒業論文「観葉植物の歴史と現代人」が社会学部優秀卒業論文集に掲載されている
2012年 「Sailing day」グループ生け花展「トキハハナナリ」出品
2012年「Hydrangea fantasy」個展Gallery I
2012年 「Let it Rose ―愛した分だけ美しく」個展 Gallery KURA (SHIPS 京都店)
2013年 「鏡花水月 混沌と秋桜(カオスとコスモス)」個展 ギャラリー「カオスの間」
2014年 「想い葉」高瀬川花展 先斗町まちづくり協議会 「このまちのために、できること」企画展示内
2014年 「歩く姿はゆりの花」 姉小路通装花 ”京・まちなかを歩く日2014”にて展示
2015年 2月「先斗町 此町に花」先斗町軒下花展監修
2015年 3月「先斗町界わい景観整備地区指定標識柱除幕式」会場装花
2015年 6月「United Flowers Amsterdam」Artist in Residence “Deshima AIR”参加、アムステルダムにて個展
2015年 8月京都フィルハーモニー「Sanjyo-classic」会場装花
2015年 11月「第1回TFD日台民間交流国際シンポジウムin KYOTO」会場装花
2015年 11月「花の力 in東寺」(花いけバトル京都)出場
2016年 2月「先斗町 このまちに、花」先斗町軒下花展監修
2016年 4月「七之舟入・船留完成式典」高瀬舟装花 「花高瀬舟」
2016年 4月「第2回TFD日台民間交流国際シンポジウムin KYOTO」会場装花
2016年いけ花学会会誌「いけ花文化研究」寄稿
2016年4月京都木屋町花いけ部 開始
2016年8月花いけバトルin京都 予選出場
2016年8月京都市景観市民会議 参加
2017年5月「燻製イナダ商店×華道家西村良子」
2017年5月お花教室「高瀬川花道部」開始

 

旅行記~水のまち~
いろいろなまちの、私の好きな水のある景色と花のある景色です。
郡上八幡2016Venezia2015

 

 

IMG_4503

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

RYK05537