紫陽花(アジサイ)

アジサイ 藤森神社にて

藤森神社の紫陽花苑にて

カタツムリ

同じく紫陽花苑。最近見かけなくなったなぁ・・・。

和菓子「紫陽花」

和菓子「紫陽花」。 趣味の和菓子作りです。京都木屋町花いけ部・遠足に持っていき、みなさまに振舞わせていただいております。

 


 

アジサイ科/6~7月/原産国;日本

日本が誇る、ブルーのお花。

青いお花は世界を見渡してもそうはたくさんないのですが、私たち日本人にとっては、それほどめずらしく感じません。それはたぶん、梅雨の頃になると町中どこででも見かけるこのお花のためではないでしょうか。日本のアジサイは青が多く、しかもとてもきれいな青色です。それは日本が、雨の多い国だから。

よく言われるように、紫陽花は土の成分によって色を変えます。土壌が中性かアルカリ性だとピンク、酸性だと青。酸性の土壌にはアルミニウムが溶け出します。溶け出したアルミニウムは紫陽花のもつアントシアニンという色素と結びつき青色になります。雨の多い日本は土壌が酸性であることが多いため、私たちはきれいな青色の紫陽花をどこででも簡単に楽しむことができます。

ちなみに「紫陽花」という漢字。今では普通に使われていますが、よく考えるとちっとも読めないし、雨のお花なのに「陽」の字が入っているのも変。一体どういうことなのでしょうか。
『万葉集』にも登場する”アジサイ”。しかしもともとは「集真藍(アズサアイ)」=「青色の小花が集まったもの」という漢字を使われていました。ところが平安時代以降「紫陽花」の字が”アジサイ”の音にあてられるようになりました。当時の漢和辞典『倭名鈔』を編纂していた源順(みなもとのしたごう)が、中国・唐の白居易の詩に登場した「紫陽花」という花を日本のアジサイだと勘違いしたことによると言われています。その詩にはこんな注が書かれておりました。

「色は紫にして気は香り高くまことに美しい花があるが、誰も名を知らないので紫陽花と名付けよう」。

現在では、白居易が詠んだ花はライラックではないかと言われています。たしかに紫色をして太陽を好み、良い香り。植物学者の湯浅浩史氏は、この紫陽花の訳し間違いを「千年の誤用」とおっしゃっております。

しかし私は思うのですが、名前というのはどんなに正しく表現されていても、その花と人々のイメージがぴったりと合わなければ何百年も使われません。ヒマワリも「丈菊」と呼ばれたり「日廻り」の漢字が使われたりしましたが、今ではすっかり「向日葵」で定着しています。太陽はたしかにアジサイの生態に合いません。しかしじめじめして良いことがない梅雨の季節、雨に濡れる姿さえ美しい紫陽花は、私たち日本人にとって太陽のような存在なのではないでしょうか。

 


 

高瀬川花道部
2017年6月10日 紫陽花の回

お水のがばっと見える器・水盤に、紫陽花一種類でいけてみました。


 

京都木屋町花いけ部・遠足
2017年6月25日 藤森神社

藤森神社にみんなで紫陽花を見に行って参りました。
藤森神社の紫陽花苑、なんと3500株の紫陽花が植わっているそうです。額アジサイにホンアジサイ、いろいろなグラデーションのピンクや青や紫のアジサイが、とってもきれいに咲いておりました。しっとり小雨が降ってくると、カタツムリも登場。休憩では手作り和菓子の「紫陽花」を、みなさまに振舞わせていただきました。