Passion for seasons

2019年11月26日

11月;雪 “snow and words”

花はしばしば、儚いものとして語られる。 その花よりも儚いものに、雪がある。 現代のカメラや通信の技術は、 花の美しさを 遠くの誰かに伝えることを可能にした。 しかし未だ、雪の美しさをとらえることは難しい。 人の心を揺さぶ…



2019年10月15日

10月;ハロウィン 新しい歳時記

ハロウィン発祥の地・古代アイルランドには、 日本と同じ自然信仰の文化があった。 森を神聖視しそこに暮らす妖精の存在を信じ、 自然や天体に造詣の深い司祭が 豊穣や疫病退散を願った。 ハロウィンは、彼らの大晦日にあたる儀式だ…



2019年09月22日

9月;ダリア “I love youと月と純愛”

夏目漱石は「I love you」を 「月がきれいですね」と訳した。 日本語は曖昧だ。 「僕は」や「君を」はふつう言わない。 ましてや「愛している」なんて 日本人は絶対言わない、と漱石先生。 日本語はいつも相手に、言葉と…



2019年08月25日

8月;花火 “花よりも夏らしい花”

夏の風物詩、花火。 たくさんの種類がある中で日本人の 心を掴んで離さないのは、線香花火。 少しずつ変わって行くこの花火の表情には それぞれに花の名前がついている。 まず火をつけてすぐ、火薬が丸く 玉になった姿を「牡丹」。…



2019年07月14日

7月;向日葵 “あなたの瞳に映った向日葵”

ヒマワリと言えば、オランダの画家・ゴッホを 思い出す人は少なくない。 現代の日本で「ゴッホ展」といえば超満員だが、 不遇な画家が生きている間は 1枚の絵も売れなかったというのは有名な話。 ゴッホがヒマワリを描いた約100…