梅小路公園にて花いけイベントのご案内

2017年10月21日

梅小路公園に、「朱雀の庭」という立派なお庭があります。この度朱雀の庭で「花いろはのうたげ」と称し、花いけ教室とお庭案内を一緒に楽しめるイベントを開催させていただくことになりました。2か月に1度の予定です。
「緑の館」というお庭に併設された素敵なイベントスペースでお花をいけます。お花は約30種類の中から組み合わせを楽しんでいただきます。お花をいけたら朱雀の庭へ。広くて見どころの多いお庭ですので、梅小路公園の職員さんにお庭を案内していただきながら、美しいお庭を背景にいけたお花を置いてその景色を写真に収めます。

平安貴族の遊びに、その名も美しい“曲水の宴”という催しがあります。水の流れのある庭園などでその流れのふちに出席者が座り、流れてくる盃が自分の前を通り過ぎるまでに詩歌を読み、盃の酒を飲んで次へ流していく、というものです。その他上巳や七夕の節句などの雅宴も庭で行われました。ときには琴や琵琶などの演奏会も。秋には虫を放して、池に浮かぶ月を見て歌を詠んだに違いありません。 現代では静かに見て回るだけのように理解されてしまっていますが、“庭”が生まれた平安時代、人々はもっと“庭”を楽しんでいました。

朱雀の庭には、他の京都の庭園のような歴史はありません。しかしだからこそ、眺めるだけではない、実際に庭に出て四季を感じ遊ぶ、本来の日本の庭を皆様に楽しんでいただけるのではないか―。そんな考えからスタートしたプロジェクトです。 2018年から本格的に始動。季節ごとに、節句をテーマにした“花会”を開催していきます。どうぞご期待くださいませ。

ただ眺めるだけではない。季節を感じて、表現して楽しむ。朱雀の庭で、本当の庭を、体験してみませんか?

<詳細>
2017年11月11日(土)
13:00~15:00頃
参加費 3000円(お花代を含む)
締め切り 11月4日(土)
※小学生以下のお子様は要保護者同伴 保護者の方がお花をいけられない場合、 参加費はお一人様分でご参加いただけます。
お申込み;http://www.kyoto-ga.jp/event/2017/11/11_0914.html

いろはのうたげ4